ヒアルロン酸の原液で驚きの潤いを手に入れる

美容製品の宣伝文句の中によく見かけるヒアルロン酸、私たちの体にとっては無くてはならないものです。関節や皮膚に含まれ、高い粘度を持って潤滑と保湿のために必要な物質です。このヒアルロン酸は化粧水などにも保湿成分として含まれています。

実はより濃度の濃いヒアルロン酸の原液があるのをご存知でしょうか。この原液はいろんな場面で使うことが出来て、美容の面で大変便利な代物なのです。

ヒアルロン酸の原液はどんなものでしょうか

ヒアルロン酸はもともと白い粉末状(結晶)の物質です。この粉がなんと、1グラムで6リットルの水分を保持できると聞いたら、すごい力を持っていることがわかりますね。ヒアルロン酸は体内で水分を保持するために必要なのです。

高齢になってくると体内のヒアルロン酸の量が減ってきます。そうすると肌はたるみ、膝の関節が上手く曲がらず痛みが出るという具合に老化の原因となります。ヒアルロン酸は若さを保つために大事なものなのです。人体にも無害ですしその水分保持の能力に目を付けられて、今ではほとんどの化粧品の保湿にヒアルロン酸が使われるようになりました。

ただ、市販の化粧品に使用されるヒアルロン酸の濃度は決して高いものではなく、薄めて含有されているものです。そんなヒアルロン酸をそのまま溶解したものが原液になります。高濃度のヒアルロン酸は高価ではありますが、その潤いを与える保湿効果の高さから、大変コストパフォーマンスの優れているものなのです。

美容に関心のある人にとって若さを保つための必須アイテムと言えるでしょう。原液に使われるヒアルロン酸はニワトリの鶏冠などから抽出される天然の物と、バイオ技術を使って乳酸菌やミドリムシなどの微生物の力で精製された物があります。

ヒアルロン酸の原液は高価ですので、原料まで気になる方は何由来かを調べて購入することをお勧めします。自分の肌に使うものですから、良いもの、そして自分にとって安心なものを使いたいですよね。

ヒアルロン酸の原液は肌や髪に潤いを与えます

ヒアルロン酸の水分保持能力がずば抜けていることをご理解いただけたでしょうか。そのヒアルロン酸の保湿の力を借りて、皮膚の潤いや髪の毛の艶を今よりも出すことが出来ます。市販の化粧水などにもヒアルロン酸は含まれていますが、より高い潤い効果を期待するなら、ヒアルロン酸の原液を化粧水などに混ぜることで手応えを得られると思います。

お肌の保湿にお悩みの方はぜひ使用を検討してみてください。髪に艶やコシを出したい方にも、ヒアルロン酸は力になります。

具体的な使い方を見てみましょう

まずはシンプルにそのまま原液を肌の保湿剤として使うやり方です。粘性ですので数滴で顔全体に十分に行き渡ります。もちろん高価なのでもったいないと思われる方は少し薄めて使用してもOKです。乾燥が気になる部位、目元やほうれい線のシワ、唇などに塗り込みましょう。

そのままでなくても、化粧水や美容液に加えて、さらなる潤いを得ることも出来ます。この場合はヒアルロン酸原液が5~10%くらいの濃度になるように加えます。ただ注意点として、ヒアルロン酸は劣化しやすいので、2週間くらいで使い切る量を加えて残りは冷蔵庫に入れておいた方がよいでしょう(ヒアルロン酸は熱に非常に弱く、変性してしまいます)。

使用した後に肌がしっとり、湿潤になったことを自覚して、そのヒアルロン酸原液の力に驚くはずです。

肌以外に髪の艶を出すことも

お肌以外に髪の毛にもヒアルロン酸原液を使用することができます。例えばシャンプーに混ぜるなんて方法があります。いつもよりシャンプーが泡立ちますので、髪を優しく洗うことが出来ます。乾燥を防ぎ髪のコシや艶を出したいなら、髪を洗いタオルドライをした後、ヒアルロン酸原液を数滴髪の毛になじませます。

こうすることで髪がツヤツヤ、サラサラになり、ドライヤーやヘアアイロンによるダメージも抑えることが出来ます。髪を染めたり、パーマで傷んでしまった髪に艶を出したい人も、ヒアルロン酸の原液をヘアケアに使うとダメージを軽減することができます。

その他にはどんな使い方があるか

さらにヒアルロン酸の原液は洗顔料に加えることもできます。数滴を洗顔料に加えて泡立ててみると、モコモコの泡が作れます。きめ細かいしっとりとした泡で洗うと肌がつっぱったりすることもありません。洗った後もしっとりとした肌を実感すると思います。

洗顔後もフェイスパックやコットンにヒアルロン酸原液を染み込ませて使うことによって、いつもよりも一段と潤うサロンのようなスキンケアを自宅で簡単に行うことができます。その他にも入浴しているお湯の中に入れてみると、湯上りにしっとりモチモチのお肌を実感することができます。

また、リップクリームでは追いつかないくらい唇が乾燥して荒れる方は、ヒアルロン酸原液をひと塗してみると、唇の潤いが長持ちすると思います。

顎にヒアルロン酸注入をして横顔美人になろう

ヒアルロン酸の原液を使うメリット

ヒアルロン酸の原液を使うメリットはなんと言っても全身に使用できる点です。そして、自由自在にいろいろな応用ができる優れものなところも魅力的ですね。

市販の化粧水や美容液では手に入れられなかった極上の潤いを得られる上、顔はもちろん髪やボディーに使うことができる最強の化粧品なのです。また、薄めて使用することも出来るので、肌の状態や使用したい場所によって自分で濃度を調節できることも利点です。

こんなに使い勝手が良いなら、たとえ多少高くてもその潤いを手に入れたいと思いませんか。少量でも十分効果を発揮しますので、コストパフォーマンスの面でもメリットが大きい化粧品といえます。ただ通常の化粧品より劣化しやすいので、なるべく薄めたりしたものは数週間で使い切るように注意しましょう。

ヒアルロン酸の原液で潤いの生活を

皮膚の水分保持にとって大事なヒアルロン酸ですが、老化とともにどうしても身体の中のヒアルロン酸の量は減っていきます。肌や髪の乾燥は見た目が老けて見える一番の要因です。老化には抗えないものですが、地道な努力で見た目を若く保つことは可能なのです。

そのためにヒアルロン酸の原液は助けになってくれます。ぜひ、ヒアルロン酸の原液を使ってみてその潤いを実感してみてください。今まで使用しなかったことを後悔するくらいの保湿力を見せてくれます。あなたの見た目が若くなったことを周りの人はすぐに気づくでしょう。

乾燥知らずの潤う肌、ツヤツヤのきれいな髪の毛を、ヒアルロン酸原液で実現してください。