ヒアルロン酸による涙袋形成手術が人気

近頃、美容クリニックでヒアルロン酸注入による涙袋形成手術を受ける女性が急増しています。ヒアルロン酸は保水効果が高い成分であるために、目の下の皮膚に注入する事で肌を内側から持ち上げることができます。その結果、きれいに涙袋を形成することが可能です。

そこで、ここからは美容クリニックで受けられる涙袋形成手術について詳しく説明していきます。

涙袋がある事で得られるメリット

涙袋とは、顔の下まぶたの眼球に沿ってできている膨らみのことです。近年では、涙袋のある女性タレントやモデルに憧れる女性が多く、メイクで意図的に涙袋を作る方が増えています。涙袋がある最大のメリットは、目元がふっくらと盛り上がることで若く見えることです。

さらに、目元が柔らかくなるために外見的に愛らしい印象にもなります。その他にも、涙袋があることで目元に立体感が出るために、陰影がはっきりして目が大きく見えることも利点です。さらに、目が大きく見えることで顔の面積が狭く見えるようになるために小顔効果も得られます。

このように色々なメリットがあるものの、残念ながらすべての女性に涙袋があるわけではありません。一重まぶたや二重まぶたの人がいるように、涙袋がある人もない人もいるというわけです。メイクによって涙袋を作る事も可能ですが、白のパールカラーアイシャドウ、ブラウンのアイライナーなど様々な道具が必要になります。

さらに、目元は皮膚が薄くて繊細な部分なので、継続してメイクをすることで色素沈着でクマやたるみが生じることもあるのです。そのため、近年では気軽に涙袋が手に入るという理由で、美容クリニックでヒアルロン酸注入施術を受ける方が多いです。参照元|美潤 - ヒアルロン酸

ヒアルロン酸注入による涙袋形成施術

ふっくらとした涙袋を手に入れたいならば、ヒアルロン酸注入による施術がおすすめです。これは、文字通り、目元の皮膚にヒアルロン酸を注入して涙袋を作る施術のことです。そもそもヒアルロン酸は、体内でのコラーゲン組織の保持・肌組織で水分をキープするなどの役割を果たしています。

よって、外部からヒアルロン酸を注入することで、元からある自身のヒアルロン酸と徐々に融合していきます。その結果、皮膚にふくらみが生まれてきれいに涙袋ができるというわけです。皮膚の薄い部位に注射をするので、施術に当たり、痛みについて心配をされる方は多いです。

ただほとんどの美容クリニックでは、痛みを抑えるために麻酔クリームを事前に施してくれます。さらに、氷で患部を冷やしてから注射を打ってくれるケースもあるので、痛みについてそれほど心配する必要はありません。

ヒアルロン酸注射による施術のメリット

ヒアルロン酸注入によって涙袋を形成するメリットは、術後にアレルギー反応が起こりにくいことです。そもそもヒアルロン酸は天然の多糖類で、人間の体内にもともと存在している成分です。したがって、外部から注入したとしてもアレルギー反応を引き起こす可能性が低いといわれています。

実際、とても安全性の高い成分であることから、美容クリニックでは涙袋形成以外にもシワの解消施術・鼻や唇のプチ整形などあらゆるシーンで使用されています。その他のメリットを挙げると、ただ患部に注射を打つだけなので体へのダメージが全くないことです。

メスを使う二重まぶたの切開法の場合、患部を大きく切開する為に術後の数日間はまぶたがひどく腫れてしまいます。さらに、術後の数週間は内出血が続くといわれているため、仕事をしている方は長期休暇を利用しなければ受けることが難しいといえます。

その点、涙袋へのヒアルロン酸注入の場合、術後の腫れも少ないためにダウンタイムはほとんどありません。また、入院の必要がなく、施術開始から10分ほどですべてが完了します。そのため、仕事が終わった直後の金曜の晩に施術を受ければ、月曜日から何事もなかったように出勤することが可能です。

ヒアルロン酸注入でアレルギーが起こることはあるの?

施術を受ける際はカウンセリングを重視すること

ヒアルロン酸注入施術を受ける場合、事前にしっかりと医師とカウンセリングを行う事が大事です。というのも、顔の形・大きさ、希望する涙袋の形に応じてヒアルロン酸を注入する量を決める必要があるからです。もしも適当にヒアルロン酸を注入してしまうと、涙袋の大きさと顔とのバランスが不自然になってしまいます。

施術が失敗に終わらないように、慎重に注入量を決める必要があります。その他にも、カウンセリングではどのくらいのお金がかかるのかきちんと確認した方が良いです。一般的に涙袋形成で使うヒアルロン酸の値段は、0.1cc当たり、平均1万円と言われています。

しかし、ヒアルロン酸注入施術の費用は健康保険適応外ということで、美容クリニックによって微妙に異なります。また、ヒアルロン酸の種類・注入する量によって細かく費用は変わってくるものです。そのため、あらかじめどのくらいの費用がかかるのか質問しておいた方が良いです。

顎にヒアルロン酸注入をして横顔美人になろう

ヒアルロン酸注入による注意点

ヒアルロン酸注入によって涙袋を形成する女性は多くいます。ただ施術に当たり、認識しておいた方がいい事は持続性がないということです。そもそもヒアルロン酸は体内に存在する物質であるために、目の下に注入した後は少しづつ体の中に吸収されていきます。

そのため、せっかく注入してできた涙袋もいつかは元の状態に戻ってしまうのです。なるべく効果を持続させるためには、一定の期間を置いて定期的にヒアルロン酸注入を受ける必要があります。また、施術を受ける際は慎重に信頼に値する美容クリニックなのかを確認することが肝心です。

近年では、金儲けの為に新たにクリニックを開業してプチ整形を行う美容外科医が増えているからです。このようなクリニックはきちんとした技術・実績がないことから、施術を受けたとしても思うような仕上がりにならないことが多いといえます。

たとえば、ヒアルロン酸をきれいに注入できずに目元の皮膚に凸凹ができたり、形が左右で異なってしまうなどのトラブルが起こるのです。あるいは、儲けたいがために必要以上にヒアルロン酸を打つ医師もいます。ヒアルロン酸を打ちすぎてしまうと、顔がパンパンに膨れすぎて大変なことになってしまいます。

このようなリスクがあることから、美容クリニックを選ぶ際は実績が豊富にあるか・口コミの評判は良いかなど仔細に確認した方がいいでしょう。